GOKISO ハブ
ディスク
ブレーキ

特徴
GOKISOの回転性能はそのままに、ディスクブレーキ仕様のGOKISOハブです。
MTB、シクロクロス、ディスクブレーキロードバイク、全てに対応します。内部の弾性体衝撃吸収構造が路面からの衝撃を吸収し、ベアリングを常に滑らかに回転させる機構は、ラフな路面こそ性能を発揮します。
航空機用ジェットエンジンから着想を得た、GOKISO独自の衝撃吸収構造
一般的には、ハブの両端左右一対に軸受が配置されます。
GOKISOハブの場合、片側だけで二つの軸受を配置する『ダブルベアリング構造』を採用しました。
片輪で合計4個もの超精密深溝ベアリング(P5等級)を配置。これにより耐荷重性を向上させ、回転時にベアリングから発生する上下方向の微振動を最小限に抑えます。
世界初のベアリングレイアウト
リアハブでは、フリー部分にも深溝ベアリングを配置し、計7つのベアリングが使用されています。
ホイールの回転とフリーボディの回転を受け持つベアリングをそれぞれ独立配置させることで、個々のベアリングが最も効率よく回転出来る構造としました。
さらにそれぞれのベアリングを左右に広くレイアウトさせたことで、外部応力に対して最も強度の出る軸受け構造を実現しています。(特許第5406227号)


衝撃吸収弾性体サスペンション
ヨーロッパのロードレースなどで見られる「石畳」の走行シーン。そんな凹凸の激しい路面を走行する、または強い脚力による高トルクなど、強い外部応力を受けた時に従来のハブ構造ではハブボディが歪み、ベアリングに過剰な負荷が掛かることで回転軸が複雑にたわみ、軸受にねじれが生じます。
このとき軸受内部では、歪みによる回転抵抗が発生、ブレーキがかかった状態となり、ペダルを踏む余分な力が必要となります。
GOKISOハブは軸受のまわりに弾性体サスペンション構造を設け、さらにハブボディと軸受けを0.5mmのすき間を開けて構造的に浮かせることで衝撃荷重を吸収、0.5mmのすき間によりハブボディの歪みも直接軸受には届かず、軸受の回転に影響を与えない仕組みになっています。
ホイール取付時の負荷や歪みの影響を受けない球面形状ナット・ワッシャー
ホイールをクイックレバーでフレームに 組み付ける際の圧力により、 ハブシャフトに歪みが生じます。 こうした問題を解決するため、 球面ナット・ワッシャーを開発。 フレームの歪みとは無関係にハブシャフトを 真直に保つことができ、軸受にストレスを 与えないことで摩耗や損傷を低減、 回転をよりスムーズにしています。
日本製、P5級(DIN)精密ベアリング
自転車用ハブは通常、耐荷重性を確保するために鋼球径を大きくしなければならず、その分、摩擦も発熱も大きくなり軸受の回転性能が大きく低下します。 ところがGOKISOハブで採用された軸受は鋼球径が直径2mmの精密機械用の 高品質素材によるものです。鋼球を月と想定すると表面の凹凸高低差は 70m以下という真球度が、回転精度を飛躍的に高めます。
GOKISO専用ツールでフリーボディの入れ替えが可能
フリーボディの交換専用ツールを用いてフリーボディの交換(シマノ11s⇔カンパ10/11s)、メンテナンスが出来ます。
精密ベアリングを痛めることなく、ホイールのままどなたでも簡単に交換・メンテナンスが可能です。
Color
ワインレッド
マットブラック
仕様
GOKISOハブ ディスクブレーキ用
  フロントハブ リアハブ
フリーボディ - Campagnolo 10/11s Shimano 11s
O.L.D. 100mm 135mm
スポークH 20H ~ 36H 24H ~ 36H
フランジ幅 * 24.2mm / 31.2mm 33.5mm / 20.6mm
P.C.D. * φ60mm / φ60mm φ53mm / φ58mm
* mm / mm = left / right
推奨スポーク SAPIM CX-RAY
ベアリング 非接触型シール付深溝玉軸受(DIN P5:ボールベアリング)
ベアリング個数 4 個 7 個
Ratchet - 4 爪 / 92 ノッチ
Disc mount 6 bolt (P.C.D. 44mm)
材質 A7075T73
重量 306g 476g
材質 A7075T73